dTVをテレビで見る、オススメの方法をご紹介

  • 2020年4月21日
  • 2020年4月29日
  • dTV
  • 0件

こんにちは‼️RYOSAN(r.k@sarari_life)です。

『dTVをTVで見たいけどどんな方法があるの?』

『dTVをTVで見る方法でオススメは?』

『どうせ見放題なら大画面で映画やドラマを楽しみたい!』

そんな疑問にお答えします。

この記事でわかること

dTVをTVで観る方法がコスパの良い順にわかる

dTVってどんなサービス?

奥様
そもそもdTVってどんなサービスなの?

dTVをテレビで見る前にdTVがどんなサービスなのか?ということを知ってから登録をしましょう。

もし、dTVをすでに登録している方は読み飛ばしてくださいね。

◆月額500円(税抜)で120,000作品が見放題

◆韓国ドラマ、音楽ジャンルの配信が強い

◆初回なら無料おためし31日間がついてくる

◆ドコモユーザーでなくでも利用OK

◆利用料金でdポイントが貯まる

dTVは圧倒的コスパの動画配信サービスです。

料金は業界でも最安域で、AmazonプライムビデオとdTV、dアニメストアが500円域でしのぎを削っています。

dTVを詳しく知りたい方はぜひ合わせてお読みください。

\31日間無料で試せるよ/

dTVをTVで見る方法

dTVをTVで見る方法は

  1. TVにHDMIケーブルをつなぐ方法
  2. TVとスマホを連動させる方法
  3. スマートTVを購入する

以上3つがあります。比較的にコスパのいい方法から紹介していきますね!

HDMIケーブルをTVに接続する。

まずは、HDMIケーブルをTVに直接つなぐ方法です。

最近の液晶TVをお持ちの方であれば基本的にTV側に端子を挿す場所があります。

PCなどがあれば端子から直接つなぐこともできます。

PC利用の方は下記商品でつなぐことが出来ます。

1番安上がりで簡単な方法はHDMIを直接つなぐ方法ですが、仮にスマホからの映像をTVに移す場合は別のスマホ用の変換アダプターが必要になります。

スマホの方は下記商品でTVにつなぐことが出来ます。

HDMIケーブルだけなら1,000~2,000円でまたスマホを利用している方でも2,000円~3,000円で購入可能
なので、比較的安価で簡単にTVでdTVを楽しむことが出来ます。
✌HDMIケーブルを使うメリット
  1. 1,000で利用可能なのでコスパが良い
  2. 有線LANの環境でも使用可能
  3. ケーブル1本で利用可能なので簡単

👎HDMIケーブルのデメリット

  1. いちいち接続しないといけないので面倒。
  2. スマホやPCで映像を流すとその他の使用ができない。
  3. 有線接続は割と邪魔になる
RYOSAN
HDMIケーブルはとにかく安く済ませたい方にはオススメだよ。

Amazon Fire TV stickでdTVを楽しむ

Amazonが取り扱っている商品でFire TV Stick という商品があります。

この商品はHDMIケーブルと違って、スマホなんかを直接繋がなくても、上記の写真のように小さいものをTVの接続すればdTVを楽しめます。

Amazon Fire TV Stickが筆者イチオシです。

もし、dTVをTVで見たいけど1番オススメはなに?と聞かれたら迷わずAmazon Fire TV Stickがオススメです。と答えます。

操作も専用のリモコンでできるので、誰でも簡単に使用することが出来ます。

✌Amazon Fire TV Stickのメリット

  1. コスパがいい。5,000円ほどで購入可能
  2. 他の動画配信サービス、HuluやAmazonプライムビデオも楽しめる
  3. 面倒な有線接続の必要がない。
  4. You Tubeなどの動画も視聴できる。

👎Amazon Fire TV Stickのデメリット

  1. 有線LANは接続出来ない
  2. HDMIケーブルに比べれば少し高価

メリット・デメリットを比較してぜひ試してみてください。

RYOSAN
Amazon Fire TV Stickは安価ですし、接続も簡単なので1番オススメだよ。
4K対応の最新版もあります。念の為リンクを載せておきますね。

残念ながら現在(2020年4月)はdTVで4K放送を視聴することは出来ません。今後5Gになれば4K放送も対応するかもしれません。
4K画質のTVをお持ちも方は2,000円ほど値段は張りますが、先行投資だと思って購入するのもありかもしれませんね。
RYOSAN
4K放送がある動画配信サービスはU-NEXTだよ

Chrome CASTでdTVを楽しむ

ChromeCASTはGoogleが提供している商品でして、基本的な性能はAmazon Fire TV Stick と変わりません。

しかし、ChromeCASTはAmazonプライムビデオを視聴することが出来ません。

Amazon Fire TV Stick に比べれば少し安価ではありますので、好みで選んでもいいでしょう。

その代わりに、Googleが提供しているサービスのYou Tubeに関しては比較的スムーズに視聴できるメリットはあります。

✌ChromeCASTのメリット

  1. Amazon Fire TV Stick よりも安価で購入できる
  2. Googleが提供しているYou Tubeなどが見やすい

👎ChromeCASTのデメリット

  1. 有線LANは接続出来ない
  2. HDMIケーブルに比べれば少し高価

ChromeCASTはほとんどがAmazon Fire TV Stickと変わりませんので、メリット・デメリットもほとんど、変わりません。

どちらを選ぶかは、デザインや好みの問題と言えるでしょう。

また、ChromeCASTにも4K対応のデバイスが発表されており、4K放送対応テレビがある方は試してみてください。

画像出典:Amazon公式

Amazon Fire TV CubeはAmazonFireTVStickにAmazonのAIスピーカー(Alexa)が内蔵されたモデルです。

リモコンを使わなくてもdTVを楽しむことが出来ます。

また、AIスピーカー単体でも使用することができるので、家にAlexaなどのAIスピーカーがなければ勝ってみるのもアリかもしれません。

しかしながら、dTVを見るのが目的なら少し値段が高価でして、14,980円かかります。

AIスピーカーが必要なければオススメ出来ない商品になります。

✌Amazon Fire TV Cubeのメリット
  1. 4K対応しているので綺麗な映像が楽しめる
  2. AIスピーカー内蔵なのでTV以外の使い方もできる。
  3. リモコンが不要
  4. 色んな動画配信サービスに対応、You Tubeも視聴可能

👎Amazon Fire TV Cubeのデメリット

  1. 他の物に比べて価格が高い
  2. AIスピーカーを使わない人は機能を活かしきれない

Apple TVでdTVを楽しむ

 

つづいては、Apple TV 4K (64GB)です。Apple TV 4K (64GB)も基本的にはAmazon Fire TV StickChromeCASTと同様の機能があると考えてもらって差し支えありません。

ですが、Apple TV 4K (64GB)はApp Storeに対応しているので、ゲームなどを楽しむことができるメリットもある為、テレビ

でApp Storeのアプリやゲームを楽しみたい方は購入を検討してもいいでしょう。

しかしながら、高価なのは間違いないのでdTVを楽しむだけなら無用の長物といえます。

Apple TV 4K (64GB)はiPhoneでも操作できるので購入したら、アプリをインストールしておきましょう。
Apple TV Remote」アプリで、iPhoneからも操作することが可能です。
RYOSAN
App Storeのゲームが楽しめるのはなかなかの魅力だね
✌Apple TVのメリット
  1. iPhoneで操作が可能
  2. App Storeのアプリがインストールできる。
  3. テレビでゲームが楽しめる。

👎Apple TVのデメリット

  1. 他の製品に比べて高い
  2. Androidユーザはほぼ使いこなせない。

スマートテレビでdTVを楽しむ

スマートテレビとは?
従来のテレビにパソコンやインターネットの機能を加え、さらにそれを発展させたものです。
RYOSAN
簡単にいうとスマホとテレビが合体したという感じかな。
dTVはもちろんですが、他の動画配信サービスももともとアプリがインストールされているケースがほとんどです。
スマートテレビは購入したらすぐにdTVなど動画配信サービスを楽しむことができます。
ただやはり、購入には100,000円以上の費用がかかるためdTVを見るためだけに購入するのは気が引けますよね。

ドコモテレビターミナルでdTVを楽しむ

画像出典:ドコモ公式
ドコモが公式に発売しているドコモテレビターミナルですが、ドコモが提供している動画配信サービス
【dTV、dTVアニメストア、dTVチャンネル、DAZN for docomo、ひかりTV for docomo】を利用することが出来ます。
ちなみに4K対応していることと、録画機能がついているのはメリットではありますが、dTVを見るためだけに購入は控えたほうが良さそうです。

どのデバイスでdTVをTVで楽しむ?

ここまで紹介した商品を一覧にしてみました。

製品名値段オススメ度
HDMIケーブル1,000円前後★★★★
Amazon Fire TV Stick4,980円★★★★★
AmazonFire TV Stick 4K6,980円★★★★
Amazon Fire TV Cube14,980円★★★
ChromeCAST 3,099円★★★★
Google Chromecast2,699円★★★
Apple TV 4K (64GB)16,668円~★★★
スマートテレビ100,000円以上
ドコモテレビターミナル17,150円

 

dTVをテレビで見る、オススメの方法まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。いかがでしたか?少しでも参考になる部分はありましたか?

dTVなど動画配信サービスを使って映画やドラマ、アニメをみるなら大画面で見たいというのが人情ってもんです。

家族で楽しみたい方も、一人で楽しみたい方もテレビで動画配信サービスをぜひ楽しんでみてくださいね!

もし、動画配信サービスを迷っているなら、下記記事を参考にしてみてくださいね。

動画配信サービスってたくさんあって悩みませんか?

たくさんの中から自分にあったサービスを選ぶのって本当大変ですよね。

「簡単に自分にあった動画配信サービスを選びたい」以前の私もそう思っていました。

そこで、動画配信サービスをオススメランキングにしてみました。

動画配信サービスを選ぶポイントは3つです。

  1. 料金
  2. 作品数
  3. 機能

上記3つの観点から実際に使ってみてランキングにしています。

動画配信サービスを探しているならぜひ合わせて読んでみてほしい記事です。

 

関連記事

「動画配信サービスって多すぎてどこを選べばいいかわからない…」そんな悩みを解決します。この記事を書いている筆者がこの記事で紹介している動画配信サービスをすべて試してみました。その上で動画配信サービスを選ぶポイント、ど[…]

この記事がよかったらフォローしょう!